男性が大豆イソフラボンを摂取することで得られる効果とは

大豆イソフラボンというと、美肌効果や抗酸化作用によるアンチエイジング効果など女性に嬉しい働きをしてくれる成分として有名です。
しかし、実は男性にも嬉しい効果をたくさん持っているのです。

 

男性ホルモンの働きを抑制する

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きを持っているので、摂取をすると女性ホルモンが優位になります。
女性ホルモンは男性でも分泌されますが、男性ホルモンの方が分泌量が多いため、体毛が濃くなったり髪が薄くなったりするなど男性ホルモンの影響を受けてしまいます。
ですが、大豆イソフラボンを摂取すれば男性ホルモンの働きが抑制されるので、薄毛の予防効果が期待できます。
さらにカプサイシンと摂取すると代謝がアップして、発毛効果が高まるという研究結果もあるので、薄毛の改善にも期待が持てます。

 

生活習慣病のリスクを軽減

男性も年齢を重ねるごとに代謝が下がるため、内臓脂肪がつくメタボリックシンドロームになる方が多くなります。
メタボリックシンドロームは生活習慣病のリスクファクターになるため、予防や改善が必要です。
大豆イソフラボンは、血中の悪玉コレステロールの増加を防いで動脈硬化を防いだり、中性脂肪の蓄積を抑える効果があると言われているので、メタボ予防に効果的です。
また、血管をしなやかにしたり血液をさらさらにする働きも持っているので、代謝を高めて脂肪を燃焼しやすくすることもできると言われています。
このように大豆イソフラボンはメタボ予防や中年太りの解消にも効果的なことから、生活習慣病対策にも効果を発揮してくれます。