イソフラボンの副作用

副作用にはどういったものがあるのか

イソフラボンは体に良い栄養だという印象がありますが、副作用もあります。そのため服用するときは副作用を理解したうえで摂取をしてください。

 

イソフラボンの副作用は、大きく分けて二つあります。

 

一つ目は、トポイソメラーゼUの阻害です。
この成分はDNAの構造を正常に保つ役割があります。

 

トポイソメラーゼUが阻害されると急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病が起こる可能性があります。また、妊娠中にとりすぎると乳児に先天性疾患が起こる確率も高くなるので、妊娠中の過剰摂取はおすすめしません。

 

二つ目は血中ホルモン濃度の変化です。
イソフラボンは女性ホルモンの代わりになる成分だといわれているため、若い女性が意識して摂取をすることも多いはずです。
しかし、美容のためにイソフラボンをとりすぎると、エストロゲンの分泌が過剰に起こりすぎて血中ホルモン濃度が高くなりすぎてしまう可能性があります。

 

この結果、月経周期が変化したり、月経時の出血が増えてしまう場合もあるでしょう。

 

イソフラボンを取ってホルモンのバランスが乱れてしまうと、女性ホルモンが活発化しすぎてしまったり、バランスがおかしくなってしまうせいで、生理にも悪影響を及ぼします。

 

また、確実ではありませんが、子宮内膜増殖症の発症の確率が上がる、乳幼児が急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病等を発症する可能性があるともいわれています。

 

過剰摂取すると

一般的に、イソフラボンで副作用が起こるのは過剰摂取をした場合です。

 

もちろん、適量の摂取で副作用が起こる人もいます。
しかしほとんどの方は、イソフラボンを意識してとりすぎたせいで、副作用が起こっているようです。

 

そのため、とりすぎないように気をつけましょう。

 

イソフラボンの摂取は一日平均50mg前後が良いといわれています。
女性ホルモンが減少してくる閉経後の女性は70〜75mgが目標摂取量だといわれていますが、そのほかの方は一日50mgのイソフラボンでも十分に健康や美容の効果を感じられるでしょう。

 

イソフラボンは、意識して摂取していなくてもお味噌汁や納豆から日々摂取をしている場合が多いです。
普段の食生活から無意識に取る分には問題ありませんが、意識してイソフラボンを取ろうとすると過剰摂取になってしまう可能性もあるので、注意をしてください。

 

体に良い栄養ですが、取りすぎるとさまざまな副作用が起こる可能性があります。

 

 

イソフラボンの副作用として考えられるのは、個人差がありますがアレルギーを案じるケースはないとは言えません。
大豆に含まれている成分であるため、大豆にアレルギー反応が出る人にとっては、反応をしてしまうことは考えられます。
アレルギー持ちの人は、サプリメントに含まれる大豆を原料とした成分にも、気をつける必要はあります。
ですが基本的には、大豆にアレルギーを持っていない人であれば、特にイソフラボンを摂取したからといって、体に大きな害が出るということは、ほとんど考えられないものです。
大豆食品は日本人にも、とても馴染みが深いものです。
日本食では、味噌や醤油、納豆や豆腐などがありますから、ほとんどの人が昔から日常的に食事の中で摂取しています。
エストロゲンという女性ホルモンと似ている構造であるため、体内に不足しがちなエストロゲンを取り入れるためにも良い成分です。
それは、女性の悩みとなりがちな、バストの悩みを解消する為にも、積極的に摂取したりすることもあります。
自然の食品では、ほとんど食べても体内には外は及ぼさない食材であり成分です。
ですがサプリメントの場合は、適量を摂取するようにして、過剰摂取は控えたほうが良いでしょう。