薄毛対策に大豆イソフラボンは有効?育毛効果について検証

男性でも女性でも、加齢とともに薄くなる髪の毛に悩んでいる方は多いでしょう。
今は年齢に関係なく薄毛が発症することも増えているため、育毛剤など薄毛対策のためのアイテムがどんどん開発されていますが、実は大豆イソフラボンでも薄毛対策ができるのです。

 

大豆イソフラボンが薄毛に効く理由

薄毛の原因は人によって違いますが、生え際が後退したり頭頂部が薄くなるという状態の薄毛は、男性ホルモンが原因と言われています。
男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼと結合すると、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンに変性します。
ジヒドロテストステロンは髪の成長サイクルを乱したり、皮脂の分泌量を増やして頭皮環境を悪化させるので、抜け毛が増えて薄毛になってしまうのです。
大豆イソフラボンは女性ホルモン様似作用を持っているので、男性ホルモンを抑制して脱毛ホルモンの発生を防ぐ効果が期待できることから薄毛対策に有効と言えます。

 

大豆イソフラボンの育毛効果

薄毛の一つの原因に、エストロゲンの減少が挙げられます。
エストロゲンは髪の成長期を維持したり、毛周期を正常に保ったり、頭皮環境を健やかに整えるなどの働きを持っています。
そのためエストロゲンが減少すると、毛周期が狂って成長期の髪が抜けたり、休止期の髪が生えなかったり、頭皮環境が悪化して薄毛になってしまうのです。
大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きがあるので、減少したエストロゲンをサポートして髪の成長に働きかけます。
つまり、大豆イソフラボン自体に発毛効果があるわけではありませんが、摂取によって育毛を促す手伝いをすることから育毛効果も期待できるのです。